【猫の病院】よい獣医さん・よい病院の見つけ方

猫を飼いはじめたら、早めにかかりつけの病院をみつけましょう。

お世話になるのは、病気や怪我のときだけではありません。

予防接種や健康診断で定期的に通っていれば、いざという時も安心ですね。

病院選びのポイントをおしらせします。

スポンサーリンク

飛び込みはダメ!まずは情報収集

猫を飼うと決めたら、家から通いやすい場所にある動物病院をインターネットや電話帳で探しておきましょう。

実際に病院へ連れていくときに、どの交通機関を利用することになるのかも想定しておく必要があります。

混雑した電車で移動することになるのは、猫にとってもストレスです。

自動車の場合は、病院や周辺に駐車場があるのかもチェックしておきましょう。

診察日・診察時間もあわせて調べておくと便利です。

そして実際に電話をして、受診のシステムや料金について質問してみてください。

質問にしっかりと答えてくれ、親切に対応をしてくれる病院を選ぶとよいでしょう。

口コミは、重要な情報源

ご近所のペットを飼っている方に、どこの動物病院にかかっているか、先生やスタッフの対応はどうか、生の声を聞ければいいですね。

できればひとりだけでなく複数の人に話が聞ければ、候補も絞られていくとおもいます。

 

自分の目で外観や内部をチェック

まず、病院の雰囲気はどうかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
病院内は清潔ですか?

もちろん、整理整頓され掃除がしっかりできているのが最低条件です。

 

患者さんは多いor少ないですか?

評判が良い動物病院は、やはり混んでいて待ち時間も長くなりがちです。

しかし、犬と一緒に待合室で長時間待つのは、猫にとっては相当なストレス。

予約制であれば、待ち時間も短くなって、ねこちゃんの負担も減るでしょう。

 

設備が整っていますか?

健康診断や予防接種だけならかまわないのですが、ある程度の設備がないと、いざ治療となったときに処置できず、結局大きな病院を受診しなおすことになってしまいます。

先生ふくめ、スタッフの対応はどうですか?

こちらの質問をしっかり聞いて、ちゃんと答えてくれますか?

必要な検査や予防接種などについて、詳しく説明してくれますか?

先生ばかりが一方的に話す、逆にあまり話してくれないのは、良くありません。

また、先生やスタッフは、動物に愛情をもって接してくれますか?

入院する可能性だってあります。

大切なねこちゃんを、安心してあずけられますか?

 

料金体系は、はっきりしていますか?

明細書の発行や治療費の内訳を説明してくれないところは、論外です。

治療を押しつける病院も避けたほうがよいです。

猫の病院代は全額自己負担。

高額になることも多々ありますので、しっかり説明を聞いて納得して治療をうけられる病院がいいですね。

スポンサーリンク