【猫の爪とぎ】思いきり爪とぎさせるのがしつけの基本

爪とぎは猫の本能です。

しっかり対策をとってしつけをしないと、家中の壁や家具がボロボロになってしまうかも…。

猫のお気に入りの「爪とぎ」を用意して、爪とぎで研ぐことをおぼえさせましょう。

スポンサーリンク

猫はなぜ爪とぎするの?

 

爪のお手入れ

 

猫はもともと狩りをして暮らしていました。

そのため、つねに爪を鋭くとがらせておくよう手入れする必要があり、その本能が残っているようです。

猫が爪とぎをする場所には、古い爪が“さや”のようにはがれ落ちているのを見つけることができます。

 

縄張り意識

 

猫の足の裏、肉球あたりには、臭腺という器官があり、フェロモンのような特殊なにおいがでています。

爪とぎをすることによって、においをつけ自分の縄張りを示しているのですね。

 

ストレス発散

 

勢いよくバリバリ爪をとぐことで、ストレス解消にもなっているようです。

よく観察してみると、なにか気に入らないことがあるときや、不安を感じたときに、より激しくやっているようですよ。

 

爪とぎには猫にとって重要な意味があるので、やめさせるのではなく、決まった場所で行うようにしつけましょう。

 

爪とぎのしつけ方法

 

爪とぎを用意

 

段ボール、麻紐、木など、さまざまな素材のものが売られています。

スポンサーリンク

大切なのは、ねこちゃんが気に入ってくれること。

お気に入りがみつかるまで、いろいろ試してみましょう。

価格が安くて試しやすいので、はじめは段ボール素材のものから使ってみるのが良いでしょう。

 

爪とぎに触れさせる

 

ねこちゃんの前足を持って、爪とぎの上にふれさせます。

自分のにおいがつくと、すんなりとそこで爪とぎをする習慣がつくことがあります。

ソファーなどの家具で爪とぎをしそうになっていたら、すぐに用意した爪とぎに連れていってあげましょう。

 

爪とぎできたらほめる

 

用意した爪とぎを上手につかえたら、やさしくほめてあげます。

何度かくりかえすと、ちゃんと爪とぎを利用する習慣がつきますよ。

 

 

うまく使えないときは?

 

ねこの大好きなマタタビを、爪とぎにかけて誘い出す方法もあります。

マタタビは爪とぎとセットになって売られていることも多いですよ。

もし、床に置いた状態で爪とぎがじょうずにできなければ、壁に立てかけて立った状態で使えるようにセッティングしてみてください。

また、爪とぎに興味を示さない場合は、素材が気に入らないのかも

ゴムやカーペットの素材は、猫にとっては爪とぎしにくいようです。

古くなると爪とぎが出来なくなってしますので、定期的に新しいものに取り替えてあげてくださいね。

スポンサーリンク