「銀のスプーン三ツ星グルメ おやつ」ちゅーるとの違いや安全性は?

いなばチャオちゅーるの人気をうけて、スープ状おやつが続々と登場していますね。

ユニチャームペットからは「銀のスプーン三ツ星グルメ おやつ」。

味や中身、安全性など、本家チャオちゅーると違いはあるのか、詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク

「銀のスプーン® 三ツ星グルメ おやつ2種のアソート とろ~りまぐろ入り&かつお入り」

日本各地の素材を使用した、チューブ状の食べきりおやつ。

「まぐろ&かつお入り」「まぐろ&鶏ささみ入り」がありますが、今回は「まぐろ&かつお入り」の原材料を見てみます。

原材料

【とろ〜りまぐろ入り】 肉類(鶏胸肉)、魚介類(まぐろパウダー、まぐろ、まぐろ節)、調味料、増粘多糖類

【とろ〜りかつお入り】 肉類(鶏胸肉)、魚介類(かつおパウダー、かつお、鰹節)、調味料、増粘多糖類

※天然由来の原料を使用しているため、色や見た目に多少のばらつきが生じる場合がありますが、品質には問題ありません。

原材料はシンプルですね。

天然由来の原料と注意書きがありますが、どれをさしているのでしょうかね?

肉や魚?食品添加物も?

 

調味料が何か書いていないのですが、ちゅーると同じ「アミノ酸等」でしょうか?

増粘多糖類は、粘り気をだすための食品添加物。とろ〜りの正体です。

表示義務はないものの、調味料や増粘多糖類の種類が書いていないのが、多少不安です。

 

しかし無着色なのがいいです。

猫は視覚で食べ物の良し悪しを判断しないので、私はキャットフードには着色料は必要ないと思っています。

ちゅーるには、カラメル色素やカルテノイド色素が使われていました。

これらは神経質になるほど害があるわけではありませんが、飼い主としては使用しなくていいものは入れて欲しくありませんよね。

【保証栄養分析値】

タンパク質6.0%以上

脂質0.5%以上

粗繊維1.0%以下

粗灰分3.0%以下

水分95.0%以下

エネルギー3kcal/1本あたり

1本たったの3キロカロリーです。

ぽっちゃり猫ちゃんにはうれしいですけど、量はとっても少ないんです。

スポンサーリンク

1チューブの量は6g。チュールは14gなので、半分以下の量しか入っていませんね。

うちのハチワレ猫はあっという間に完食してしまい、もの足りなそう。

でも「銀のスプーン® 三ツ星グルメ おやつ」の良いところは、この少量サイズにあると思うんです。

 

液状おやつは、ドライフードのトッピングに使う人も多いと思うのですが、その場合チュールだと多すぎるんです。

トッピングをペロペロしているうちに満足してしまい、肝心の主食フードをあまり食べてくれない場合もあります。食欲がない時はとくにです。

かといって、半分だけ使って保存しておくと風味がとんでしまって、残りは猫が見向きもしなくなります。

「銀のスプーン® 三ツ星グルメ おやつ」の6gというのは、食事のトッピングに絶妙な分量だと思います。

毎回開けたてで新鮮なご飯が食べられれば、猫ちゃんも喜びますね。

もちろんチュールみたいに、チューブのまま食べさせることもできますよ。

ハチワレ猫はチューブで食べるのが苦手で、いつも鼻の下についてしまいます^ ^

楽天でも購入できまーす!スーパーで買うより少し安いかも。

スポンサーリンク