「猫は3日で飼い主を忘れる」本当?→たんなる人見知りです

旅行から帰ったとき、飼い猫がよそよそしい態度。

犬みたいに「おかえりー!」なんて大歓迎は、最初から期待はしていないけれど、なんだかさみしいものですよね。

もしかしてうちの猫、飼い主のことを忘れちゃったの…?

スポンサーリンク

猫は三日で忘れる?

「猫は三年の恩を三日で忘れる」ということわざがあります。

猫は3年も飼っていても、その恩は3日で忘れてしまうから薄情だという意味です。

これって、本当?

久しぶりに実家に帰ると、実家の猫がなんだかよそよそしい。

旅行や出張から帰ってきたら、猫がそっけない。

うーん、猫あるあるです。

「私のこと無視してる?それとも、私のこと忘れちゃったの?」とさみしい気持ちになりますよね。

 

ことわざどおり、猫は3日で飼い主のことを忘れてしまうのでしょうか?

いいえ、違います!

 

飼い主のことを、そんなにすぐ忘れてしまうわけはありません。

猫の記憶力は悪くないからです。

危険な目にあった場所には2度と近寄らないし、おいしいフードがもらえるときパッケージの音なんかも覚えています。

これは記憶力が良い証拠。

人間が芸を教えても猫が覚えないのは、記憶力がわるいからではありません。

興味がないだけ。興味のあることは、猫はしっかり覚えています。

 

では、飼い主に置いてきぼりにされて、猫は怒ってそっけない態度をとるのでしょうか?

いいえ、それも違います!

 

基本的に単独行動を好む猫が、置いてきぼりにされて怒るはずはありません

スポンサーリンク

どちらかというと、エサさえあればほっておいてほしいのが猫の本音です。

 

なぜ猫はよそよそしいの?

猫は変化を好みません

野生の猫は自分の安全は自分で守らなければならないので、変化には敏感です。

食べ物や外敵、天候の変化など、見過ごすと命にもかかわります。

そのため、はじめて見るものや経験することには、とても警戒します。

 

その習性から、猫はなにごともなく1日が過ぎてゆくことに、安心感を得るようです。

いつもの場所で、いつものメンバーと、いつものように平凡な日々をすごしたいのです。

 

それなのに、いつものメンバー(飼い主)がとつぜんいなくなってしまいます。

いなくなったことに仕方なく慣れてきた頃に、ふたたび飼い主が戻ってきます。

その変化についていけなくて、よそよそしい態度になってしまうようです。

しかも、飼い主からは自分のにおいがしない。

自分の知っている飼い主ではないので、「人見知り」しているようですね。

 

どうすればいいの?

猫は視力が良くないかわりに、音とにおいには敏感です。

しばらく離れているうちに、あなたのにおいが猫の知っていたものと変わっているかもしれません。

「なんだか飼い主っぽい声がきこえるけれど、においが知っているのと違うニャ」なんて、猫ちゃんはとまどっている可能性があります。

 

そんなときは、無理に猫ちゃんを追いかけ回さずに、思い出してもらえるまでのんびり待ちましょう。

以前していたように猫に話しかけたり、よくしていた行動をとると、声や足音などで飼い主だと気づいて、次第に猫の警戒がとけるかもしれません。

猫ちゃんのしっぽを見て、ピーンと立っているようならご機嫌な証拠。

猫ちゃんと打ちとけられる時は近いですよ!

「猫は三年の恩を三日で忘れる」ということわざは、ちょっと違うみたいですね。

久しぶりに会った猫のよそよそしい態度が、忘れちゃったかのようにみえたので、そんなことわざができたのかもしれませんね。

そもそも猫に「恩」なんて気持ちはあるのかな?

スポンサーリンク