「モンプチ ピューレKISS」をレビュー!まぐろ味はスイーツ要素なし?!

売り場ではフルーツの写真と一緒に並べられている「モンプチ ピューレKISS」。

「猫ちゃんにご褒美スイーツ」というキャッチコピーにも驚きます。

「猫にフルーツ!?」と戸惑いますが、種類は6種類もあるみたい。

原材料や成分をくわしく見てみます。

スポンサーリンク

ねこのおやつにフルーツとは…。キャットフード売り場でも浮いています。

マンゴー、アップル、パンプキンという甘い味と、まぐろ、かつお、ささみなど猫におなじみの食材を使用した6種類ありました。

フルーツ味を購入する勇気がなかったので、「つぶつぶささみ入りカツオピューレ」味を選んでみました。

原材料

魚介類(かつお、まぐろ)、肉類(ささみ、チキンだし)、油脂類(ひまわり油)、糖類(オリゴ糖)、増粘安定剤(加工でんぷん、グアガム)、調味料、ビタミンE

増粘安定剤の「加工でんぷん」は、化学薬品を混ぜてつくられたでんぷんです。

でんぷんは、小麦やじゃがいもなど自然由来のものを想像するので安全だと思いがちですが、それは天然でんぷん。

加工でんぷんには薬品が入っています。

もうひとつの増粘安定剤「グアガム」は、水によく溶ける食物繊維。

粘度が高いので増粘剤として使われています。

マメ科の植物からつくられていて、こちらは安全だといわれています。

 

調味料の種類が書かれていないのが気になりますね。

私の想像ですが、ちゅーると同じ「アミノ酸等」でしょうか?

「アミノ酸」とは、旨味成分を科学的に精製したものです。

 

糖類の「オリゴ糖」は、天然由来の甘味料で健康的なイメージがありますが、そもそも猫のおやつに甘みは必要なのでしょうか?

猫は甘みを感じないともいわれているので、疑問です。お通じ対策でしょうか?

ここまで見てみると、かつお味には「ご褒美スイーツ」の要素がまったく無いようですね。

オリゴ糖のことを指しているなら、期待ハズレです。

次回は、マンゴー、アップル、パンプキン味のどれかを試してみようかな。

スポンサーリンク

保証成分

たんぱく質8.5%以上、脂質0.5%以上、粗繊維1%以下、灰分3%以下、水分87%以下

代謝エネルギー 1本あたり(10g)約5.5kcal

1本わずか5.5キロカロリー。

ちゅーるより、少し小ぶりサイズの1本10gです。

小包装のひとつひとつに品質表示があるのは、細やかな配慮ですね。

買い置きをしていると、他の商品と混ざったり、外パッケージをなくしてしまうことがあるので、なにげに助かります。

猫が好む「つぶつぶ食感」を出すために、食材を粒状にして加えているそう。

写真でもつぶつぶが見えますね。

でもこのつぶつぶのせいで、チューブの切り口が詰まってしまうことがあります。

スムーズに中身が出なくて、ハサミを使うこともあるので、切り口をもっと大きくしてほしいな。

塩分濃度は0.5%。問題はなさそうです。

気になるなら、水で薄めてもいいですね。

 

添加物は入っていましたが発がん性のあるような危険なものはなく、少量なら猫におやつとしてあげてもいいかなと思いました。

「モンプチ ピューレKISS」に限らず、あくまでもおやつは少量が基本ですよね。

うちのハチワレ猫の食いつきは…お皿に出すとイマイチだけど、なぜか手からチューブであげるとすごく食いつきます!

でも、つぶつぶ食感のささみの固まりが、チューブの切り口に詰まるんです

食べながらチューブが詰まって中身が出てこなくなるので、ハチワレ猫もチューブをカミカミしながら食べます。

おかげで、私の手も猫の口の周りもベトベト。

これは本当に改善してほしいな。

手軽に楽天でも買えまーす。

スポンサーリンク